緊急用として不可欠なもの

a bottle pouring drugs

未婚の女性の中で妊娠してしまったのではないかと焦った経験のある女性はどれくらいいるでしょうか。大抵の女性が一度はそういった経験を持っているはずです。くるはずの生理がこずに焦って検査薬を買ったという女性もいるでしょう。そういったことが起こらないためには、正しい避妊をする必要があります。男性にコンドームをつけてもらう、または自分で低用量ピルを服用するなどの選択肢があります。ですが、それらのことをしっかりとしていても、失敗は必ず起こります。コンドームが挿入中に外れていた、または破れて精液が漏れていた。さらに、低用量ピルを飲んだつもりでいたけれど忘れていたといったことも起こるでしょう。そんな緊急時に役に立つのがアフターピルです。
アフターピルは低用量ピルとは違い、セックスの後に服用をすることで妊娠を防ぐというものです。セックスの後に避妊が出来るのは、人工的に生理を起こすこのアフターピルだけです。妊娠を望んでいないカップルであれば、念のために用意しておくのもいいでしょう。ですが、アフターピルには欠点があります。それは副作用についてです。
先ほども説明しましたが、アフターピルは人工的に生理を起こすことで妊娠を防ぐというものです。本来は起こらない生理を起こすわけです。ですから、生理を無理に起こすには女性の身体に大きな負担をかけることになります。吐き気や頭痛という副作用が出る女性も多くいるんです。それを理解して上で利用することが大事です。
アフターピルは副作用のリスクが高いです。ですが、望まない妊娠を防ぐためには必要なときもあります。緊急用として用意をしておきましょう。